コンセプト

  • ホーム > 学習コーナー > 慢性疲労の漢方薬治療

学習コーナー

慢性疲労の漢方薬治療 [漢方薬の知識]

 

虚労の治療に用いる漢方薬

日本で虚労によく使われるものは、病証タイプに分けると以下のようになります。

 

 

気虚タイプ:「四君子湯」「六君子湯」「補中益気湯」など。

※さらに具体的な使い分けをご覧になりたい方は、こちらをご覧下さい。

 

 

血虚タイプ:「炙甘草湯」「酸棗仁湯」「四物湯」など。

※さらに具体的な使い分けをご覧になりたい方は、こちらをご覧下さい。

 

 

陰虚タイプ:「麦門冬湯」「滋陰降火湯」「六味地黄丸」など。

※さらに具体的な使い分けをご覧になりたい方は、こちらをご覧下さい。

 

 

陽虚タイプ:「附子人参湯」「真武湯」「八味地黄丸」「牛車腎気丸」など。

※さらに具体的な使い分けをご覧になりたい方は、こちらをご覧下さい。

 

 

また、このほか、病院の処方箋では入手できない市販薬の中にも有効なものがあります。

 

 

 

2013年09月02日(月)

ページ: 1 2

記事一覧へ